看護師いろは
看護師が活躍できる職場について

一般的な看護師が働ける・活躍できる職場の種類について

看護を行なうための専門職である看護師は、患者さんの世話や診療の補助などを始めとする幅広い業務を行なう重要な存在です。 高齢化社会を迎える中で医療の現場を支える上でも重要な存在となるのですが、一般的な看護師が働く現場や活躍できる職場にはどのような種類があるのでしょうか。

一般的な看護師が活躍できる職場として真っ先に挙げられるのは医療機関で、病院はその最たる例です。 ただ一口に病院と言っても多くの種類がありますのでそれぞれで少なからぬ違いがあり、また働く上でも業務内容や勤務形態などで違いがあります。 ですので一般的な看護師の方が転職や再就職などを考えた時にご自身の希望や現状に合わせて活躍できる職場を選ぶ事が可能です。

まず病院の定義について大枠で見た場合に、入院施設(病棟)で病床数が20以上の有する場合は病院と呼び、また19以下有する場合は診療所と呼ばれており双方で区別されています。 病棟が無い場合は夜勤が無く日勤のみのお勤めです。 特に結婚されているなどご家庭がある方にはお勧めになり、病棟が無い小規模な診療所は意外にも多くの数が存在しています。

続いて病床にどのような種類があるかにより分類される場合には、一般病院・精神科病院・結核療養所・感染症病院・療養型病床群などがあります。 また病院が有する機能別による分類では、特定機能病院・地域医療支援病院・一般病院/診療所などに分かれています。 このあたりの病院の場合は規模が大きく夜勤がある上に休みも不定期になるのですが、一般外来や一般病棟だけではなく特殊な部署に勤めるなど専門性を高めキャリアを積む上ではメリットが大きくなります。

また開設者による区分では、国立病院・都道府県立病院・市区町村立病院・大学病院・日本赤十字社・社会保険関係団体などを始めとして数は非常に多くありますので、それぞれの職場における特徴や勤務条件などを細かく比べた上でご自身が働きやすい場所を探す事が可能です。